介護福祉士 求人

介護福祉士が活躍する場所

介護福祉士

介護福祉士は、主に介護保険施設や障害者支援施設などの福祉施設や、リハビリテーションセンターなどで介護職員として働きます。

 

ここ数年は介護保険制度の改正の影響で、老人病院や老人保健施設などの医療機関、民間の介護ケア付きマンションなどでの求人も増えてきました。

 

また、訪問介護事業所のホームヘルパーとしても資格を活かして働けます。

 

 

他の介護職員資格

介護職員初任者研修/ホームヘルパー2級

2012年度末でホームヘルパーは廃止され、2013年度からは介護職員初任者研修に移行されました。仕事内容は、訪問介護事業所や老人ホームなどの介護施設の介護士として働きます。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーの仕事は、介護保険法に基づき、介護保険サービスを受ける人のために介護計画を立てるのが主な仕事です。介護を受ける人の都合を念頭に要介護度を考え、生活状況や家族関係を総合的に判断して、個人に適切な介護計画を立てていきます。

 

社会福祉士

社会福祉士は、福祉施設等のソーシャルワーカー、ケースワーカー、生活相談員などとして働きます。仕事の内容は、日常生活を送るのに支障のある老人や心身に障害を抱えてる人、またその家族たちからの相談に応じて、適切な指導やアドバイスを行います。また、施設サービスや住宅ケアサービスなどを紹介する仕事だけではなく、利用者と運動したり、家庭訪問をすることもあります。

 

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神障害を患った通院・入院患者に対し、退院後の仕事や住居、さまざまな諸手続き等をサポートする仕事です。精神病院や医療施設、保健所、障害者支援施設が主な職場です。

 

介護食士

介護食士とは、介護食の専門知識を学び、調理技術の向上を目的とした厚生労働大臣許可の団体が行っている認定資格です。介護福祉士をはじめ、栄養士や調理師などの資格取得者がスキルアップのために取得することが多い資格です。

 

 

 

次ページ


>>介護福祉士に向いてる人>>