介護福祉士 資格 合格率

介護福祉士の合格率

介護福祉士試験勉強

介護福祉士は、これからの高齢化社会を支える期待の資格。

 

介護福祉士に限りませんが、医療・福祉業界は、正社員はもちろん、アルバイトやパート、契約社員など多様な求人が多い中で、資格保有者はより就職に有利になり、重宝されます。

 

その中でも介護福祉士のニーズは高く、ホームヘルパー資格と統合されたり、ケアマネージャーへのキャリアアップの足がかりとして、毎年多くの方が受験しています。

 

 

【過去5回分の受験者数と合格率】

区分

第21回

第22回

第23回

第24回

第25回

受験者数(人)

130,830

153,811

154,223

137,961

136,375

合格者数(人)

67,993

77,251

74,432

88,190

87,797

合 格 率 (%)

52.0

50.2

48.3

63.9

64.4

 

 

【過去5回分の合格率のグラフ】
介護福祉士の合格率グラフ

 

 

合格率をあげる勉強法

「介護福祉士の資格を取りたい!」と思ったとき、
どのような勉強方法を選択しますか?

 

介護福祉士の資格を取るために、
あなたは最短で取れる方法を選択しますか?
それとも自分のライフスタイルに合わせた勉強方法を選択しますか?

 

このように、勉強を始める前に、勉強方法を見極めることはとても重要です。
自分に最適な方法で勉強することにより、結果的に合格する確率を上げることになります。

 

介護福祉士の勉強方法

勉強方法は、大きく4つに分けられます。

 

  @ 独学で勉強する
  A 通信講座を受講する
  B セミナーを利用する
  C 専門学校に通学する

 

 

介護福祉士の資格は、受験資格に実務経験があるので、働きながら資格を目指す人が多いので、Bセミナー、C通学は難しいでしょう。
そうなると@独学かA通信講座が現実的になりますが、私のおすすめは通信講座の利用です。

 

私も始めは参考書を買って独学で勉強していましたが、モチベーションが続かず一度断念しました。
その後、介護福祉士の資格取得に再チャレンジするときに通信講座を利用して、合格しました。

 

私の経験上、通信講座を利用したほうが、最後までモチベーションが続きます。
私の意志が弱いだけかもしれませんが(笑)

 

 

 

次ページ


>>どんな仕事か>>