介護福祉士 介護保険

介護保険とは

厚生労働省の老人保健福祉審議会は高齢者の介護問題について、次のように従来の医療・福祉制度の発想と運営の転換を図ることを提案しています。

 

a. 社会保険への転換
b. 高齢者自らの意志に基づくサービスの選択
c. 高齢者の自立率支援
d. 現行制度の矛盾の解決
e. 経済・財政とバランスの取れた制度の構築を図る

 

2000年(平成12年)に創設された公的介護保険制度は、社会保障の構造改革の第一歩と位置づけられ、医療から介護を切り離し、介護を社会サービス化する目的で新たに社会保険制度が構築されました。

 

関連サイト

関連サイト:介護保険制度の概要 |厚生労働省

 

 

介護保険の基本理念

公的介護保険制度の基本理念は「介護の社会サービス化」による「高齢者の自立支援」です。

 

a. 高齢者介護に対する社会的支援:介護の社会サービス化
b. 高齢者自身による選択:ケアプランやサービス提供機関の選択
c. 在宅介護の重視:在宅ケアを主としたサービス整備
d. 予防、リハビリテーションの充実
e. 総合的、一体的、効率的なサービスの提供:ケアマネジメントシステムの導入
f. 市民の幅広い参加と民間活力の活用:サービス提供期間の民間参入
g. 社会連携に夜支えあい:社会保険方式によるシステム化
h. 安定かつ効率的な事業運営と地域性の配慮:保険者は市町村であるが、
  国・都道府県の支援策や財政調査、サービス提供の地域性を配慮

 

 

介護保険の給付を受ける方法

介護保険の保険給付を受けるためには、要介護状態との認定を受けなければなりません。

介護保険 給付金 受け取り方


市区町村に申し込みを行うと、調査担当者が被保険者を訪問し、認定に必要な聞き取り調査が行われ、その内容が要介護認定質問表に記入されます。

 

市区町村は、調査担当職員の代理として、介護支援事業者や介護保険施設などの介護支援専門員(ケアマネージャー)に訪問調査を依頼する場合もあります。

 

その後、訪問調査の結果や担当医師の意見書等に基づき、介護認定審査会にて要介護認定がなされ、給付金の金額が決定されます。