介護福祉士 資格 メリット

資格取得のメリット

介護福祉士資格のメリット

資格を持っていれば、就職や転職に有利になるだけではなく、資格手当てなどで給料があがったり、出世や昇進に繋がったりメリットばかりです。

 

介護福祉士は国家資格ですので、介護福祉士の資格を持っていることは、自身の知識や技術のアピールにつながり、惹いては利用者の信頼性や安心感の向上に繋がります。

 

 

就職・転職に有利になる

就職や転職をしようとしたとき、資格を持っていれば履歴書の士霍乱に記入することができるので、アピール材料となります。これで、何も資格を持っていない他の就職・転職希望者より有利になります。

 

 

定年後も働ける

高齢社会の現在、定年の年齢も上がってきてはいますが、それでも高齢者に対する求職率は下がっています。しかし、何かしらの資格を持っていれば、再就職や転職でプラスに働くはずです。

 

高齢でも働きやすい資格:ボイラー技師、マンション管理士、電気工事士(第1種・第2種)、電気工事施工管理技士(1級・2級)、電気主任技術者(第1種・第2種・第3種)、特種電気工事資格者、危険物取扱者、エネルギー管理士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、計装士、高圧ガス製造保安責任者、ボイラー・タービン主任技術者、冷凍空調技士(第1種・第2種)など。

 

 

パートで働きたい

夫婦共働きが多くなってきましたが、これまで専業主婦だった方が、パートに出るケースも急増中です。しかし、パートを受け入れる企業側も飽和状態なので、主婦の方でも資格を持ってないと働くことは難しい時代になってきました。

 

パートで働きやすい資格:調剤薬局事務(調剤事務管理士)、医療事務(メディカルクラーク)、医療秘書、介護事務、介護職員初任者研修(ホームヘルパー)、販売士、歯科助手、カイロプロテクター、リフレクソロジスト、ネイリスト、ベビーシッター、チャイルドマインダーなど。

 

 

将来は独立したい

独立開業が見込める資格なら、会社である程度知識や技術、ノウハウを身につけてから独立しても良いでしょう。また、結婚や出産などで会社を辞めてから、フリーに転進することもできます。

 

独立開業が見込める資格:ネイリスト、ファイナンシャルプランナー、DIYアドマイザー、照明コンサルタント、インテリアプランナー、インテラコーディネーター、ベビーシッター、チャイルドマインダー、公認会計士、不動産鑑定士、弁理士、税理士、司法書士、中小企業診断士、社会保険労務士、衛生管理者、色彩検定、行政書士、土地家屋調査士、測量士、宅地建物取引主任者、土木施工管理技士、建築士(1級・2級)、木造建築士、電気主任技術者、通訳、翻訳家、ツアーコンダクター(旅程管理主任者)、調理師、美容師、理容師、基本情報技術者試験、弁護士、医師など。

 

 

 

次ページ


>>介護保険について>>