介護福祉士 資格 科目

筆記試験の科目

介護福祉士

a. 人間の尊厳と自立
b. 人間関係とコミュニケーション
c. 社会の理解
d. 介護の基本
e. コミュニケーション技術
f. 生活支援技術
g. 発達と老化の理解
h. 認知症の理解
i. 障害の理解
j. こころとからだの仕組み
k. 総合問題

 

 

受験対策のポイント

介護概論

介護概論は、介護の原点となる科目です。介護の目的から始まり、介護過程や介護援助の基礎、他の専門職との連携やチームワーク、介護職の労働安全など多岐にわたります。

 

 

介護技術

介護技術は、「介護概論」や「形態別介護技術」と同様に、介護福祉士にとって重要な意識・技術です。試験では出題数も多いので、確実に学習することが重要です。じっくり学習していけば、それが点数に反映されやすい科目です。

 

 

形態別介護技術

形態別介護技術は、「介護概論」や「介護技術」と同様に、介護福祉士にとって重要な意識・技術です。試験では出題数も多いので、確実に学習することが重要です。特に、各形態別の障害に応じた特有の介護方法や留意点についてはしっかりと把握しておきましょう。

 

 

家政学概論

家政学概論は、介護福祉士にとって重要な意識です。試験対策としては、どの出題範囲も重要ですが、「栄養と管理(「食生活)」が出題が多いので重点的に勉強しておきましょう。次に出題の多い「家庭生活の経営」に関しては、系統立てて整理することを心がけましょう。

 

 

レクリエーション活動援助法

レクリエーション活動援助法は、介護福祉士が利用者の日中活動や身体的、精神的、社会的機能を最大限に引き出すために必要な知識と技術です。利用者の特性と実施場所をよく理解した上で整理すると分かりやすいでしょう。

 

 

 

次ページ


>>介護概論>>