介護福祉士 スクール

養成施設(スクール)について

介護福祉士の資格取得を目指している方は、働きながら勉強している方が多いのであまり現実的ではありませんが、独学で勉強して資格取得が困難な方には、スクールに通う方法が一番です。
専門の講師が分かりやすく教えてくれますし、同じ目的を持った仲間もいるので、モチベーションも上がります。

 

スクールを卒業すると、実務経験や試験が一部免除になる資格もあります。

 

介護福祉士資格の取得方法は3通りあります。
@高等学校卒業後→2年間養成施設
A福祉系大学卒業または保育士、社会福祉士養成施設修了→1年間養成施設
B福祉系高等学校卒業または3年以上の実務経験→介護福祉士国家資格受験→合格

 

 

授業料・入学金は?

養成施設(スクール)に通学する場合、授業料はいくらかかるのか、入学金や教材費はいくらかかるのか、費用の支払い方法はどういったシステムか、などを予めチェックしておきましょう。
カリキュラムや通学期間、受講料などを考慮してスクール選びを進めましょう。

 

 

スクールの合格状況は?

そのスクールに通学している人が、どのくらいの割合で資格試験に合格しているのかを、入学前に調査しておきましょう。
介護福祉士の場合は、定められた時間を受講すれば、資格を取得できます。

 

 

養成施設(スクール)のメリット・デメリット

スクールは、長年にわたり受験のノウハウや知識を蓄積しているので、一番合格の確率が高いでしょう。しかし、それに伴って受講料(費用)はやはり高くなってしまいます。

 

   介護学校 介護スタッフ ヘルパー

 

 

 

次ページ


>>科目別のポイント>>