介護福祉士 資格 独学

独学で頑張る!

介護福祉士 独学

介護福祉士の資格取得の勉強を独学でする場合、費用は参考書ぐらいなので比較的安く済みます。
しかし、独学の場合は受験のノウハウや出題傾向などは、全て自分で集めなくてはいけないので、受験に不利といえるでしょう。

 

独学の一番のメリットは、費用を安く抑えられることです。
しかし、資料や問題集を必要な分だけ用意して地道に勉強を重ねていきます。

 

この場合、挫折してしまうと、そこで全て終了になってしまいますので、独学で勉強する場合は、強い意志が必要です。介護職としての知識や経験が豊富な方は独学でも大丈夫と思います。

 

また、参考書で学ぶ場合、参考書によって著者の見解が色濃く反映されていて、参考書によって記載されている内容が違うことがあるので注意が必要です。

 

通信講座で学ぶ

通信講座は、スクールと独学の中間に位置します。通信講座の費用は、受講する講座の種類にもよりますが、一般的にスクールより安く、参考書よりは高いです。

 

通信講座のメリットは、添削を受けられること、時間の制約がなくマイペースで勉強できることなどが挙げられます。また、通信講座によっては、教育訓練給付金制度に対応している場合もあるので、結果的に独学で学ぶより費用を安く抑えられる場合もあります。

 

 

介護福祉士の通信講座の場合、ユーキャンの介護福祉士合格指導講座が教育訓練給付金制度に対応しています。

>>ユーキャン介護福祉士講座の詳細はこちら

 

 

通信講座だと、資格試験合格に特化しているので、重要なポイントを抑えていて分かりやすいテキストなので、無理なく勉強ができます。
働きながら介護福祉士の資格取得を目指す方には通信講座がおすすめです。

 

介護福祉士

関連ページ:介護福祉士 通信講座ランキング

 

介護福祉士資格試験の過去問について

介護福祉士資格試験の合格を目指すなら、独学の方も、通信講座の方も、過去問を繰り返して出題傾向を掴んでおきましょう。
最低でも、過去5年分はやっておきたいです。そうすると、自分の弱点が見つかるはずです。

 

間違えた箇所や、うろ覚えの部分をまずチェックして、それをリスト化してみましょう。書くことと、それを目で見て覚えることで、記憶として確かに残ります。
それが終わったら、再度過去問を解いてみよう。そして、また間違えた箇所をチェック。
これを繰り返すことで、合格への距離がグッと縮まります。

 

おすすめは中央法規の過去問です。

 

 

 

次ページ


>>スクールについて>>