介護福祉士 資格 勉強

試験について

介護福祉士 合格

介護福祉士の資格試験は、筆記試験と実技試験です。

 

筆記試験は、210分間で12科目120問が出題されます。
実技試験は、介護に関する技能を試験します。

 

介護福祉士の試験制度は変わることがあります。
新聞やインターネットで最新情報をチェックしましょう。

 

 

資格試験に合格する勉強法

介護福祉士の資格に限ったことではありませんが、資格取得に時間をかけすぎるのは、あまり得策ではありません。試験勉強に全てをかけている方が多いですが、資格を活かすのは、むしろ資格を取得してからの方がたくさん勉強をしなければいけません。

 

「好きで時間をかけている訳ではない!」

 

その通りです。試験が難しいから勉強時間も長くなってしまうのです。

 

 

最短・最速の勉強法

最短の勉強法は、ズバリ通信講座を利用することです。

 

自分で参考書を買って勉強するのも良いですが、それは時間がたくさんある人の勉強法。
通信講座のテキストは、覚えておきたいポイントに絞っているので、市販の参考書に比べて勉強効率が格段に上がります。

 

試験前は通信講座で勉強し資格取得しましょう。

その後、取得した資格を活かして働きながら、参考書で勉強しましょう。
働いて初めて気付く問題点などが出てきます。

 

試験に臨む心構え

介護福祉士の勉強

資格試験に臨む心構えは、絶対に合格するぞ!という強い気持ちで勉強に取り組むことです。

 

介護福祉士の資格を取ると決めたら、最後までその想い貫いてください。初志貫徹です。

 

介護の仕事をしながらだと、その強い意志を持っていないと、途中で挫折してしまいます。

 

 

 

次ページ


>>独学か?通信講座か?>>