介護福祉士 資格 取り方

働きながら介護福祉士の資格取得を目指す!

介護福祉士の資格取得

介護福祉士の資格取得を目指す多くの方が、介護の現場で働きながら試験勉強をしています。

 

しかし、仕事が終わってから勉強をしようとしても、疲れていて勉強のモチベーションが上がらない方が多いと思います。

 

以前の私(管理人)もそうだったので分かります。

 

私の経験から、そういう場合におすすめしたいのが通信講座の利用です。

 

働きながら空いた時間で勉強していると孤独になりがちでツライです。その点、通信講座の場合は、テキスト添削など、受講者への様々なサポート(フォロー制度)があり、一人で勉強しているんじゃないと実感でき、心強くなります。そう、あなたの味方が出来るのです。

 

 

働きながら学ぶことのメリット

介護福祉士の勉強

介護福祉士資格の勉強をしていて、分からないことがあれば、職場の同僚や先輩、他部署の人に質問すれば、本で学ぶより身に付きやすいと思います。しかし、職場が忙しくなかなか聞きづらいときは、本よりユーキャンのテキストをおすすめします。ユーキャンのテキストは、文字が大きく、図やイラストが豊富で、介護現場のイメージがしやすく分かりやすいです。

 

また、資格の勉強内容は、介護の仕事をしていく上で必要なものばかりです。介護利用者の内面や取り巻く環境、社会的制度など。その得た知識を、すぐ介護現場で実践できることにより忘れずに身に付けることが出来ます。

 

 

介護福祉士の資格を取得する2通りの方法

介護の専門学校

1つ目は通常通り受験して合格する方法です。
しかし、この場合介護の実務経験として3年以上の実務経験が必要なので、実務経験がない方にはかなりハードルが高いでしょう。

 

2つ目は、厚生大臣の指定する専門学校等の要請施設を卒業し、国家資格を受けずに(無試験で)資格を取得する方法です。この場合、昼間部なら2年間、夜間部なら年間通学することで資格を取得できます。

 

昨今、急激に介護職のニーズが増え、福祉・介護系の養成施設が増えています。通学して介護福祉士の資格取得を目指す場合、スクール(養成施設)は自身のライフスタイルに合ったスクールを選ぶようにしましょう。

 

 

 

次ページ


>>介護福祉士通信講座について>>